なんじゃのプロフィール

なんじゃ

おはよう、こんにちは、こんばんは。

なんじゃです。

 

まずは自己紹介から。

 

1981年9月29日 生まれ。

生まれも育ちも愛媛県です。(途中 岡山県で過ごす)

2018年 年始よりうつ病を発症しました。

このブログでは「うつ病について」「自分自身のうつ病の状態」「うつ病からの社会復帰」について書いていきます。

ブログのタイトル「うつとも」の意味は、

うつ病と共(友)に生きていく

という想いからつけました。

どのようにして、ブログを書こうと思ったのかという「なんじゃ史」を紹介したいと思います。

 

 

逃げの人生 就職まで

人生最大にかわいかった幼稚園時代

幼少期より基本おとなしく、色白だった為、女の子に間違われるくらいかわいかったらしいです。

自分で言ったんじゃないですよ!(笑)

親や祖母達が言っていたんです。

よく考えれば自分たちの子供・孫にあたるからかわいいと思うのは当たり前なんですよね^^

幼稚園時代に私は川で流されたそうです。

その時の記憶は全くないのですが、幼稚園の卒園アルバムにある写真のコメントで書かれていました・・・。

今の時代にそんなことがあったら大問題ですね。

先生も焦ったと思います。

今となってはこのようにブログでも公開出来るいいネタになっているのでOKです!(笑)

入学直後に転校!人見知りになった小学校時代

親の仕事の都合により愛媛から岡山に転校することになりました。

入学して1カ月経たずに!

これは結構堪えましたねー。

新しい環境で慣れてきたところなのに、また違う土地、違う学校での生活.

人見知りが一気にひどくなりました。

友達が出来なかったわけではないのですが、あまり心を開くことが出来ませんでした。

小学校3年生の時には地元愛媛の小学校に戻ってきたのですが、

仲良しグループが出来ている中、なかなか溶け込めずにいました。。

ほんとこれがきつかった。

幼稚園から一緒の子達も多かったので知ってはいるんですけど、引き気味になってしまうんですよね。

今後の引っ込み思案人生を決めた小学生時代です。

部活に明け暮れ、進学に大いに迷った中学生時代

中学校になりテニス部に入部し、3年間は部活に明け暮れていました。

まぁそこまではうまくなかったのですが、初めて打ち込むものが出来て非常に楽しかったのを覚えています。

部活の仲間とは一緒に遊んだりとそれなりに中学生活を楽しみました。

学校の成績も上の下くらいはキープ出来ていたのですが、3年の受験となった時の一発目の中間テストで中の下くらいにガクーンと落ち込みました。(泣)

将来のことが考えられずにどうしてよいかかなり迷っていました。

この頃はライトノベルにハマり現実逃避をしまくっていました。

今でいう「中二病」ですかね。

ほんと不安で不安で自殺したいとも思うようになっていました。

ただ、実際にする勇気は全くありませんでした。

最終的には、「楽そう」ということで農業高校を受験することにしました。

のほほんと過ごした高校生時代

高校の受験では1番の成績だったらしく、新入生挨拶を任されました。Σ(゚Д゚)

人前に立ったりするのがほんとに苦手で嫌で嫌で仕方ありませんでした。

そして1発目の中間テスト。

1番で入学したのにクラスの中で10番くらい・・・。

先生からは「期待外れ」と言われる始末。

体が細いのもあって「もやし」とも言われました。

その頃は軽く学校行くのが嫌になってましたね。

こっちだって好きでやっとんじゃないわいって感じですよ。

校内マラソンでは、100位以内に入らないと坊主(五厘)にしないといけないということを言われました。

100位以内に入れなかった自分+同級生たちは坊主にさせられました。

有り得なくないですか!?

すごい高校ですよね。

今もこんなことやってるんでしょうか??

農業高校行には生徒会の他に「農業クラブ」というのがあります。

農業高校に行ってた方は知っていると思いますが「FFJ」の歌のやつです。^^

これの会長に先生に言われて立候補する羽目に。

そして何故か会長になってしまうという・・・。

人前に立つのが嫌いなのにモロに立つことになってしまいました。

歴代で1番のダメ会長だったと思います。

そして三年になり進路を決めることに。

中学生の時と一緒で、あまり考えずに近くの情報系の専門学校に。

全然ためにならなかった専門学校時代

ゲームが好きだったので、ゲーム関係の仕事に就けるかなーと思って入った専門学校。

しかし、プログラミングとか全然わかんねー。(泣)

授業を聞いててもチンプンカンプン。

何の為に専門学校に入ったのかわかりませんでした。

唯一良かったと思うのは「ブラインドタッチ」がある程度出来るようになったことでした。

ほんとそれだけです。

それだけを体得して就職することに。

逃げの人生 就職以降

1社目 鉄工所

家から片道1時間くらい掛かる鉄工所に就職が決定しました。

鉄工所にした理由はこれといってありません。

今まで通りあんまり考えずに選びました。

敢えて挙げるなら「小さい会社」だったということです。

コミュ障な私は出来るだけ人と関わりたくなかったのです。^^

仕事内容はレーザーで切った鉄板のバリ取りや面取り作業です。

手を切ったりしないように角を丸くする作業ですね。

ってか、それ以外出来ませんでした。

コミュ障な上、不器用でもあったのです。

これも昔からわかってたことなんですけどね。

社会人になったからとなったからといっていきなり良くなるわけはありませんでした。

仕事も出来ないので、そのうち周りの目が気になるようになってきました。

あいつはダメだ。

みたいな声が聞こえてくるんです。

ほんとは言ってなかったのかもしれません。

けど気になって気になって仕方なくなってきました。

仕事を休みがちになり辞めることとなってしまいました。

最後に工場長から言われた言葉はよく覚えています。

そんなんじゃどこ行っても通用せんぞ

と・・・。

2社目 味噌屋

数カ月のプー太郎(無職)を過ごすことに。

けど仕事をしないわけにはいかないので再就職を目指します。

次はなんと「味噌屋」です。

こちらもこれといった理由はありません。

1社目の鉄工所よりこじんまりとしたとこだったのが決め手かもしれません。

またまたコミュ障発揮です。^^

味噌屋では味噌の製造をしたり、袋詰め、配送をしました。

ここの社長と会長が昔の職人さん気質だったので、

手の遅い私はあーだこーだと言われまくっていました。

配送の方でも、お店のバイヤーさんともなかなか上手く話せず苦しい状況に。

鉄工所の時と同様に、だんだんと嫌になっていき、

通勤している時に吐き気で公衆トイレに駆け込むように。

こうなってはもう続けれません。

通勤することも苦しくなり、退職へ。

1社目の工場長の言葉が蘇ります・・・。

3社目 装置部品製造工場

市の合同面接会で見つけた「装置部品製造工場」を受けました。

仕事内容が「検査業務で誰でも出来る」的なことを書いていたのです。

不器用だけど真面目さはあるつもりだったので向いているのではと思い就職。

1社目の鉄工所も製造関係だったのですが、3社目は工場自体がめちゃくちゃきれいでした。

そこだけでも入った時に感動を覚えました。

仕事内容は検査です。

図面通りに製品が出来上がっているかチェックを行う部署ですね。

始めは全然わからなかったのですが、やってくうちに出来るようになってきました。

不器用だけど真面目さはあったので、ゆっくりゆっくりと慣れてきた感じです。

仕事は今までとは比べ物にならないくらい忙しく。

毎日毎日残業の日々でした。

会社もどんどん大きくなっていき、縛りも増えるし、人も増えました。

管理と仕事でパンパンです。

それが続いていき、ついに・・・。

逃げの人生 うつ病発症

2018年 年始にうつ病に

年始に仕事に行こうとすると、行きたくなくてたまりません。

今までもあったのですが、尋常じゃない程の倦怠感と不安感。

精神科を受診することにしました。

「採血」「アンケート」「問診」等を行い、最終的に出た結果は・・・。

軽度うつ病

でした。

まぁなんとなくはわかってきていたのですが、いざ言われるとショックでしたね。

これからどうしようかという想いでした。

正直そこまでも頭は回っている状態ではなかったのですが。

逃げの人生 まとめ

こういった感じでうつ病までの流れとなっています。

このままうつ病のままっていうわけにもいかないので、

うつ病改善に向けてブログを綴っていきたいと思っています。

こんな「なんじゃ」ですが、以後よろしくお願い致します。