うつ病×ブラ川

ブラ川(ブラック企業 川柳) 第二句

おはよう、こんにちは、こんばんわ。
唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja

昼から始めたブラ川(ブラック企業 川柳)

もう二句目いっちゃいます。

まだ覚えている間に攻めていきますよ~。

( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに第一句目はこちら↴

あわせて読みたい
ブラ川(ブラック企業 川柳) 第一句おはよう、こんにちは、こんばんわ。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja) うつリーマン川...

こちらもうつリーマン川柳と同様に、

皆さんからの応募をお待ちしております。

川柳を詠ませて頂く代わりに、

あなたを紹介しますよ。

( ̄ー ̄)ニヤリ

うつリーマン川柳。

ブラ川。

共々、川柳のご応募お待ちしております。

連絡はこちらまで↴

@utsutomo_nanja

ブラ川(ブラック企業 川柳)は、
ブラック企業の撲滅と注意喚起

として、始めさせて頂きました。

それでは第二句目いってみましょう!

一句詠みます

それでは、詠みます。

あぁ~、ゴホンっ。

残業を 減らせと言うが 仕事増え

もうめちゃくちゃですね(笑)

残業を減らせ減らせといつも言ってきます。

まぁ残業が増えれば増えるほど、

人件費も掛かってきますから当たり前ですよね。

けどですねー。

仕事も同時に増えてるんですよ!

減るわけないやぁ~ん!

(# ゚Д゚)

完全にまともな神経をしていません。

残業を減らせと言うわりに、

仕事を増やすとか、

正気の沙汰ではありません。

まぁそういうところがブラックたる由縁なのですが(笑)

効率を上げて早く済ませというのはわかります。

効率上げようとも、

仕事もその分増えたら、

普通に時間も掛かるでしょうが!

と、言ってもわかってくれないのが、

ブラック企業

って、やつです。

暖簾に腕押し

ですね。

暖簾に腕押し
暖簾に腕押しとは、何の張り合いも手ごたえもないことのたとえ。

出典:故事ことわざ辞典

そんなブラック企業はさっさと辞めちゃいましょう。

まとめ


一句目となる「ブラ川(ブラック企業 川柳) 第二句」をお送りしました。

第二句目となるブラ川(ブラック企業 川柳)はいかがだったでしょうか。

こんな会社がマジであるんですよ。

恐ろしいですねぇ。

ま、私のいる会社なんですけどね(笑)

あっひゃっひゃっひゃ!(一句目に続き笑えない)

こういうブラック企業には気を付けてくださいね。

ブラック企業って色々な場面で、

私達に襲い掛かってきます。

ハッキリ言ってたまったもんじゃありません。

そんな時はさっさと見切り付けて転職しちゃいましょう。

最近はかなり便利になっており、

ネットで合同説明会も受けれたりします。

簡単60秒の無料会員登録をするだけで、

24時間いつでも就職活動が行えるのです。

これは非常にありがたいですね。

ブラック企業で帰りが遅くても出来るんですっ!

そんなブラックとはオサラバだっ!!

動画を見ることにより、

内容もかなりわかりやすくなっています。

サクッと無料登録して、

サクッと転職しちゃいましょう。

企業の本当の姿を知るなら!ねっとで合説

(*´▽`*)ぱあぁぁぁ

今回も、最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です^^

それでは、また。

ではでは~。

うつリーマン川柳もよろしく。

あわせて読みたい
うつリーマン川柳(うつあるある) まとめおはよう、こんにちは、こんばんわ。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja) ...