うつ病×私の芯(心)

なんじゃ家(実家)の家族について

おはよう、こんにちは、こんばんは。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja

 

 

前回の投稿からのなんじゃダークサイドを見せるブログ3回目です(笑)

 

この間は、両親の離婚話についてと、

 

あわせて読みたい
両親が離婚しそうな話おはよう、こんにちは、こんばんは。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja) ...

 

弟の引きこもりについて記事を書かせて頂きました。

 

あわせて読みたい
弟が引きこもりな話おはよう、こんにちは、こんばんは。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja) ...

 

今回はそのようになってしまった原因。

 

家族(実家)の話をさせて頂きたいと思います。

 

弟ばかりが悪いわけではないと思うのです。

 

正直は、親の育て方が問題だったんだと思っています。

 

それでは「なんじゃ家(実家)の家族について」の話をさせて頂きます。

 

それでは、どぞ。

 

父親

 

Olichel / Pixabay

 

うちの父親はあまり家族に関心がないように思っています。

 

まぁ、三勤の仕事をしており、

 

すれ違いの生活になっていたので、

 

あまり家族を還りみることが出来なかったのだと思います。

 

基本的には自分の部屋に籠り、

 

家族とのコミュニケーションはあまりありませんでした。

 

休みの日があってもパチンコに行ったりと、

 

家族でどこかに行ったりという思い出もあんまりありません。

 

あったとしても、日帰り旅行で、

 

ほぼほぼ近場でした。

 

また、

 

家族以外とのコミュニケーションも苦手です。

 

友達と遊びに行ったりとかもありませんでした。

 

お酒も弱く飲めないので、

 

出る機会もなかったのだと思います。

母親

 

 

母親も父親と同様に、

 

コミュニケーションが苦手です。

 

だから、友達を家に呼ぶこともほぼほぼ出来ませんでした。

 

私や、弟のコミュ障の原因は、

 

両親によるものがかなり大きな割合を占めていると思われます。

 

母親の場合、弟のことがかわいいらしく、

 

私はあまり相手にされていない感じがしていました。

 

父親も関心がないし、母親も関心が弟に行っているので、

 

青春時代の私は、いつも自分の部屋に引きこもって、

 

ゲームをしたり、本を読んでいたりしました。

 

母親には軽い虐待を受けていた思い出もあります。

 

布団でグルグル巻きにされたり、

 

口の中に物を詰められたりした思い出が残っています。

 

多分本人は覚えていないでしょうけどね。

 

背中も火傷したような気がします。

 

 

Ben_Kerckx / Pixabay

 

弟に関しては、

 

頬に一生残る傷を付けてしまいました。

 

幼稚園時代だったので、

 

あまり考えていなかったのですが、

 

弟を跳ねのけてガラスに当り、頬が切れてしまいました。

 

そこに関しては、子供心に非常に申し訳なかったと思っています。

 

それ以外でも、色々なことで私と比べられたりして、

 

ちょっと凹んでいたのだと思います。

 

私も色々酷く当たってしまったこともありました。

 

だから、私に対する恨みもかなりあるかと思います。

 

そういう色々な積み重ねがあって、

 

弟も引きこもりになったのだと思います。

 

自分でなろうと思ってなったわけではないのです。

 

家庭環境によって生み出された、

 

引きこもりです。

 

かと、言って暴力が正当化されるわけではありませんが。

 

なんじゃ

 

miapowterr / Pixabay

 

私はいつも1人でした。

 

父親は自分の部屋に籠り、

 

母親と弟は仲がいいので2人でいる。

 

そうなると私は一人ぼっちです。

 

青春時代の将来を考える時期に私は一人ぼっちでした。

 

将来のことが全く考えられずに、

 

成績もガクッと落ち、

 

将来に何の価値も見いだせなくなっていました。

 

だから、ライトノベル等の小説や、

 

ゲームに走って気持ちを紛らわせていましたね。

 

それだけが気持ちを安らげる術だったのです。

 

実際、進学も何も考えずに近くて楽な高校を選択しました。

 

とにかく何も考えていなかったのです。

 

両親にも真剣に進路を話す機会もありませんでした。

 

なんじゃ家族(実家)

 

mario0107 / Pixabay

 

普通なら、もっとコミュニケーションがあり、

 

笑いがあり、苦労も楽しさも、共有するのが家族だと思います。

 

うちの家庭はそういうことが全くありませんでした。

 

だから、

 

弟にしろ私にしろ、コミュ障であり、ちょっとしたことで、

 

つまづいてしまうのだと思います。

 

これは離婚の話をしている時にも両親に伝えました。

 

うちの家族は他とは一線を画していたと。

 

だから、こういう状況になっているのも仕方ない。

 

自分たちで招いた結果なのだから。

 

それを受け止め、

 

どうなるかはわからないが、

 

やっていくしかないと。

 

私自身弱い精神をしているので、

 

サポートする自信はありません。

 

そのことは伝えています。

 

だから、当事者で解決してもらうしかないのかなと考えています。

 

まとめ

 

Pexels / Pixabay

 

今回は「なんじゃ家(実家)の家族について」をお送りしました。

 

またまた暗い話をしてみました(笑)

 

今回で最後になるか、

 

もうちょっと軽い話をするかは考え中です。

 

ここまで来たらダークサイドを全開でいってもいいのかな、

 

とも思い始めました(笑)

 

あと、ダークサイドなんじゃの記事を見て頂いた方に言いたいのですが、

 

私個人としては、

 

こんな暗い話をしているのですが、

 

前向きに生きてます。

 

色々ありましたが、

 

これも今の私を作っている一部です。

 

全てを含めての「なんじゃ」になりますので、

 

ご心配は無用ですよ。

 

今は色々したいことがありすぎてテンションも上がってますので^^

 

だから、こういう話もしてもらえたら、

 

色々悩んでいる方の力にも、

 

少しはなるのかなと思って公開しているところがあります。

 

人生色々なことがあります。

 

良い時も、悪い時もあります。

 

けど、自分の考え方ひとつで良くも悪くもなったりします。

 

だったらどうせなら良いように考えてみませんか。

 

良いように考えてたら良いことが絶対に訪れます。

 

暗く考えてても仕方ないんです。

 

人間なんで落ちる時もありますが、

 

出来るだけプラス思考で頑張っていきましょう。

 

(*´▽`*)ぱあぁぁぁ

 

 

 

今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です。

 

 

それでは、また。

ではでは~。