うつ病×私の芯(心)

弟が引きこもりな話

おはよう、こんにちは、こんばんは。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja

 

 

前回の投稿からのなんじゃダークサイドを見せるブログ2回目です(笑)

 

この間は、両親の離婚話についてお話させて頂きました。

 

あわせて読みたい
両親が離婚しそうな話おはよう、こんにちは、こんばんは。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja) ...

 

今回はその原因となっている、

 

弟の引きこもり

 

に、ついての話をさせて頂きます。

 

それでは、どぞ

弟はなぜ引きこもったのか

 

Pexels / Pixabay

 

なぜ引きこもりになったのか。

 

正直よくはわかっていません。

 

私が家を出てからはろくに顔も合わせていませんでした。

 

両親や祖母から聞いた話によると、

 

就職をして、

 

就職先で上手くいかなかったから、

 

引きこもりになったと聞いています。

 

まぁなんとなくわかる気がします。

 

私も弟も、

 

コミュ障で、

 

不器用な人間だからです。

 

だから、ちょっとしたことでつまづき、

 

立ち上がれなくなります。

 

こういう所はほんとに兄弟だと思いますね。

 

またなぜそのようになっていたかという話も、

 

次回以降にさせて頂きたいと思います。

引きこもりからDVに走る

 

Pavlofox / Pixabay

 

ある時から、

 

弟は父親に対して、

 

暴力を振るうようになったそうです。

 

父親が定年を迎え、

 

家にいても暇だから、

 

再就職をした頃から始まったそうです。

 

恐らく、自分は仕事にもつかずに引きこもっており、

 

父親はまた再就職をした。

 

そのことについて、妙な苛立ちを覚えたのだと思います。

 

それとは別で、

 

弟は父親のことを嫌っていたようです。

 

それも合わせて感情が爆発してしまったのだと思います。

 

父親に対して、

 

殴る蹴るの暴行。

 

そして家具の破壊。

 

実際に見たわけではないのですが、

 

本当にすごかったそうです。

 

あまりに酷かったので、

 

私の家に逃げ込んできたこともありました。

 

その頃には、

 

弟は車が傷付いているとか、

 

靴の底が剥がされているとか、

 

父親に対して、

 

文句を言い、

 

暴力を振るっていたそうです。

 

しかし、実際は父親はやっていないと言っていました。

 

私はその現場を見たわけではないので、

 

正直なところはわからないのですが、

 

恐らく父親はやっていないと思います。

 

そんなことをやったら結局暴力を振るわれてしまうからです。

 

ここで私は精神科の受診を進めてみました。

 

ちょっと精神に異常をきたしているのだと考えたのです。

 

精神科の受診

 

Tumisu / Pixabay

 

精神科を受診し、

 

薬を飲みだしてからは、

 

暴力も減っていったそうです。

 

やはり、精神に異常をきたしていたようです。

 

それから少しの間は何事もなく、

 

平穏な日々を送っていたと聞いています。

 

平穏といっても普通の家庭のように、

 

会話があり、

 

笑いがあり、

 

というわけではなかったようですが。

 

ある時から父に異変があり、

 

悪性リンパ腫というガンであるということがわかりました。

 

ステージⅣです。

 

いわゆる末期ガンってやつですね。

 

小さい病院から大きな病院に、

 

大きな病院から大学病院に。

 

そこで入院して治療が始まりました。

 

なんとか治療も上手く進み、

 

退院出来るようになりました。

 

入院している間は弟も母親と一緒にお見舞いに行っていたそうです。

 

だから、退院後も問題ないだろうと思ってました。

 

しかし・・・。

 

DVが再発

 

Alexas_Fotos / Pixabay

 

 

しかし、また弟は暴れ出したそうです。

 

ガンの治療を続けている父親に対しても容赦ありません。

 

なぜなのかと、聞いていると、

 

精神科から貰っていた薬を勝手に断薬していたのです。

 

精神安定剤は常に血流に流れていないと効果が発揮されません。

 

だから、症状が良くなってきたら、

 

徐々に断薬していくのが基本です。

 

これは自分がうつになって、調べていてわかったことですが。

 

一時、暴力がなくなったのと、

 

弟自身が薬の副作用により、

 

眠気に襲われるのが嫌で、

 

断薬したようです。

 

そして、いつの間にか精神科通いも止めていたそうです。

 

だから、前の状態に逆戻り。

 

逆戻りというか、余計に酷くなっている始末でした。

 

余りにも酷いということで、

 

私は弟を入院させてみてはと進言しました。

 

精神科の入院。

 

これは、とても苦しいことです。

 

酷ければ隔離病室にトイレがあるだけという世界・・・。

 

ほぼ監獄と言ってもいいでしょう。

 

けどそこまでの対処を取らざるを得ない状況にまで来ていると思いました。

 

本当に父親を殴り殺しかねない状況です。

 

父親がガンの治療で再入院する時に、

 

弟は精神科に入院することになりました。

 

精神科入院

 

1662222 / Pixabay

 

母親が無理やり精神科へ連れて行った時に、

 

そのまま入院させたそうです。

 

弟としてはショックだったと思います。

 

自分としては普通だと思っていたはずなので。

 

そして、母親に裏切られたような感情も抱いたことでしょう。

 

父親も再入院から戻ってきて、

 

弟のお見舞いに行ったそうです。

 

そこでは普通に戻っていたと聞いています。

 

まず目つきが違っていたと言っていました。

 

暴力を振るっていた時の目つきは、

 

まるで鬼のような形相だったそうです。

 

だから、入院は良かったのだと思っていました。

 

弟も退院し、また生活が始まりました。

 

前のように普通の生活の日々。

 

しかし、だんだんとまた前のように戻っていったそうです。

 

なぜなのかと聞くと、

 

また勝手に断薬していました。

 

それを聞いた時には正直アホかと思いましたね。

 

そりゃなるわって。

 

父親は暴力を振るわれるので、

 

何も言えません。

 

母親は弟に甘いのでそれを許してしまっていたのです。

 

アホや・・・。

 

開いた口が塞がりません。

 

父親が家を追い出される

 

blanca_rovira / Pixabay

 

家庭は完全に崩壊しました。

 

父親は家を出ている時にカギを変えられており、

 

家に入れなくなったそうです。

 

うちに来るかと言っても迷惑が掛かるからと言って来ようとしません。

 

一時車の中で生活をしていたようです。

 

そのうちに父親の姉が住んでいた家を借りるようになりました。

 

とりあえずは一安心なのですが、

 

結局自分の家には帰れていません。

 

帰ると弟の暴力にあうから。

 

母親に精神科を受診するように言っても、

 

母親は連れていこうとしません。

 

母親自体も、

 

父親(母親にすれば旦那)に対して、

 

好意的ではなかったのです。

 

私が家を出てから色々あったといって、

 

軽く恨みを抱いているようです。

 

軽くではないですね、

 

かなりです。

 

そんなこんなで、

 

弟は引きこもりのまま何も変わらないままです。

 

離婚の原因

 

 

まだ離婚自体はしていないのですが、

 

その方向で進めていっているようです。

 

今調停をしていて、

 

第三者を入れて話し合いを重ねています。

 

離婚の原因は弟なのです。

 

弟の暴力さえなければこうはなっていなかったと思います。

 

ただ仮面夫婦のまま、

 

過ごしていただけだとは思いますが。

 

弟自身も、

 

好きで引きこもりになったわけではないとは思っています。

 

けど私は、弟に対して何もしてあげられることはありません。

 

私自身、弟に嫌われていますから。

まとめ

 

kellepics / Pixabay

 

今回は「弟が引きこもりな話」をお送りしました。

 

いや~、今回もかなり暗い話になってしまいましたね(笑)

 

書きながら色々な感情が沸き起こってきましたよ。

 

しかも結構な文字数書いちゃってるしっ!

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

なんでこうダークな部分っていっぱい書けるんでしょうね。

 

他のことはあまり上手く書けないのに(笑)

 

毎日連続で投稿しようと思ってたのですが、

 

ちょっと止めます。

 

自分自身も、

 

読まれてる方も落ちてしまってはいけないので。

 

書き上げるだけ、書き上げて間隔ずらして公開していきますね。

 

これが「なんじゃ」という人間です。

 

どうです?

 

嫌いになったでしょ?(笑)

 

まだあるダークサイドななんじゃをご期待(?)してください。

 

 

 

 

今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です。

 

 

それでは、また。

ではでは~。