うつ病×私の芯(心)

両親が離婚しそうな話

おはよう、こんにちは、こんばんは。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja

 

 

会社の同僚から離婚話を相談されます。

 

あわせて読みたい
同僚の離婚話おはよう、こんにちは、こんばんわ。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja) ...

 

そんな私なのですが、

 

自分の両親も離婚しそうなのです。

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

今回は私の芯(心)に関わる話をちょこっとだけしてみたいと思います。

 

それでは、いってみましょう。

なぜ離婚するのか

 

Pexels / Pixabay

 

なぜ離婚するのか。

 

それは、

 

明らかな性格の不一致

 

です。

 

性格の不一致に至った理由はあるっちゃあるんですが、

 

内容については今回はお話しません。

 

また別の機会にお話しさせて頂きます。

 

まぁ何はどうあれ、

 

お互いがお互いを受け入れなくなっているのです。

 

私も間に入り、

 

何度か話し合いをしたのですが、

 

話はすれ違うまま。

 

会話が噛み合っていません。

 

子供としてではなく、

 

客観的に見て、

 

絶対にこの先一緒にいるのは、

 

無理だなと思ってしまう感じです。

 

だから、私としては離婚しても全然構わないと思っています。

私は冷たい

 

kellepics / Pixabay

 

子供だったら、

 

自分の両親が離婚するとなると、

 

普通は嫌ですよね。

 

けど私は全然構わないと思っています。

 

かなり冷たいですよね。

 

そうなんです、

 

私冷たい人間なんです。

 

正直どうでもいいと思っています。

 

離婚するなら勝手にすればって。

 

親の面倒を見る気もあまりありません。

 

実際なくはないのですが、

 

自分もうつ病になっているし、

 

自分の家族にも迷惑が掛かるし、

 

正直重荷にしかなりません。

 

ですので、離婚するならして、

 

自分たちでどうにかしてって思っています。

 

まとめ

 

Comfreak / Pixabay

 

今回は「両親が離婚しそうな話」をお送りしました。

 

なんでこんな話をしたんでしょうかね。

 

自分でも謎です(笑)

 

まぁ自分自身を知ってもらうにはいい機会かもしれません。

 

だから、自分の芯(心)の部分について、

 

ちょっとずつ出してみようかと思っています。

 

まぁそれで、

 

私を軽蔑しようが、

 

侮辱しようが、

 

構いません。

 

今まで書いてきたこと、

 

これから書いていくこと、

 

全てが「なんじゃ」です。

 

だから、それを受け入れてくれる方のみ、

 

見て頂ければ幸いです。

 

自分の闇の部分・・・。

 

話すのもちょっと勇気が入りますが、

 

少し面白くも感じています。

 

どういった反応が返ってくるのか。

 

はたまた、反応自体ないのか。

 

自分自身の棚卸として、

 

暫くの間、

 

なんじゃのダークサイド

 

を、全開に出してみたいと思います。

 

私の芯(心)の部分について、

 

知りたい方は、

 

今回を含め、

 

数回に渡る記事を読んで頂くと、

 

ひでぇ奴だ!

 

って、ことがわかって頂けるかと思います(笑)

 

 

 

今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です。

 

 

それでは、また。

ではでは~。