うつ病×コラム

逆襲の婆(ばあ)

おはよう、こんにちは、こんばんわ。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja

 

つい先日に私はガンダムのシャアを文字った記事の、

 

赤い彗星の婆(ばあ

 

あわせて読みたい
赤い彗星の婆(ばあ)おはよう、こんにちは、こんばんわ。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja) 皆さん...

 

 

 

という、記事を書かせて頂きました。

 

赤い彗星の婆(ばあ

 

は、結構いい人だよって記事です

 

その続編として、

 

逆襲のシャア

 

を、文字りまして。

 

逆襲の婆(ばあ)

 

を、お送りしたいと思います。

 

 

ガンダム好きの方も、

 

ガンダム知らないって方も、

 

読んで頂ければ幸いです。

 

仕事をしてて、どーなんだこれは?

 

と、思ったことを書いています。

 

生き方の参考にもなりますね。

 

それでは、いってみましょう。

 

赤い彗星のシャアとは

3dman_eu / Pixabay

 

前回も説明させて頂きましたが、

 

知らない方がいたらいけないので、

 

もう一度説明しますね。

 

シャアとはどういうキャラクターなのでしょうか。

 

ちょっとだけ説明します。

 

赤い彗星としての活躍
モビルスーツのエースパイロットとして活躍。愛機ザクIIC型(型式番号:MS-06C)をパーソナルカラーである赤に塗装し、ルウム戦役ではたった一人で5隻もの戦艦を沈め、「赤い彗星」の異名を得、その名は連邦軍の末端兵士にまで轟き恐怖の存在となる。
戦艦や隕石を次の標的へ向かう際の踏み蹴る足場として利用するといった、MSの人型兵器である利点を器用に使うことで「赤い彗星」「三倍の速度」といった渾名が生まれたことが語られた。

出典:ウィキペディア

 

まぁ簡単に言いますと、

 

赤いロボットを3倍の速さで使う人

 

とでも、覚えてください。

 

逆襲の婆(ばあ

 

 

私が呼んでいる、

 

赤い彗星の婆(ばあ

 

から、

 

より強くなった。

 

逆襲の婆(ばあ)

 

は、そこまでお婆ちゃんではありません。

 

シャアと掛け合わせて言ってみただけです(笑)

 

まぁその逆襲の婆(ばあ)なのですが、

 

四面楚歌になっているので、

 

声を掛けてみたら、

 

やっぱりうっぷんが溜まってる!

 

(# ゚Д゚)

 

「私はね、陥れられ寄るんよ」

「私だけ、悪者なんよ」

「誰から言われよるかはわかっとんよ」

 

出るは、出るは、溜まったものが吐き出されます。

 

逆襲の婆(ばあ)の凄いところ

 

geralt / Pixabay

 

うっぷんが溜まっているのはわかりました。

 

けど逆襲の婆(ばあ)はこんなことも言っていました。

 

「私はこんな性格やけん、言われても気にしない」(私に言う時点で気にしてる)

「言い合ったって、何も変わらんやん」

「私は仕事をしに来よるんよ」

 

と。

 

やっぱこの人は強ぇわ。

 

感服致しました。

 

そして、

 

自分だけ堪えて、頑張っている

 

んだなと。

 

私の考え

 

reenablack / Pixabay

 

私はこう思いました。

 

やっぱり強い逆襲の婆(ばあ)でも傷付いているんだな

 

と。

 

あれだけ、言われてたら普通気付くよね・・・。

 

まぁどっちが悪いとかではないんだけど。

 

本当はめちゃくちゃ良い人だということは知っているので、

 

なんとか、気を紛らわせてあげないといけないですね。

 

あまり肩入れし過ぎても、

 

余計に攻撃を受けるだけだから。

 

辞めたり、潰れたりしないようにフォローしていきたいと思います。

 

逆襲の婆(ばあ)は強い

 

NeuPaddy / Pixabay

 

私に愚痴をこぼしてからも、

 

淡々と作業を続けます。

 

いつものように、

 

明るく、元気に

 

ほんと尊敬できますね。

 

そういうところはマネしていきたいと思います。

まとめ

 

analogicus / Pixabay

 

今回は逆襲の婆(ばあ)についてお話させていただきました。

 

やはり、逆襲の婆(ばあ)は仕事をする仲間として、

大変素晴らしい方であるということがわかりました。

 

そして、何より、

 

人間として尊敬できます。

 

私もこの逆襲の婆(ばあ)のように、

 

何でも明るく振る舞えるようになりたいですね。

 

まだまだ、

 

しんどい状況が続くと思うので

 

影ながら支えてあげたいと思っています。

 

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

今回も、最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です^^

 

 

それでは、また。

ではでは~。