うつ病×コラム

Twitterには 愛がある

おはよう、こんにちは、こんばんわ。

 

唯一無二のうつリーマン なんじゃです。(@utsutomo_nanja

 

 

今回は、

 

Twitterで愛を感じた

 

という、話をしたいと思います。

 

Twitterとかネット空間って、

 

顔が見えないから冷たい印象ってあるかと思います。

 

それは違います。

 

むしろ逆です。

 

なぜ、愛があるのか。

 

それでは、いってみましょう。

 

心筋梗塞かもとツイートすると

 

 

Pexels / Pixabay

 

 

つい先日の話ですが、

 

会社の健康診断がありました。

 

その時に、

 

心電図を診てもらったのですが、

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

ちょっと場所変えてやってみますねー

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

(´・ω`・)エッ?

 

あ、あのぉ・・・。

 

心電図って心臓を見てるんですよね?

 

そうですね・・・。もうちょっとやってみますねー。

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

ピーピピピピ。

 

エラー音・・・。

 

計8回くらいやったのでしょうか。

 

心電図の波形が巻物のように長くなってしまいました・・・。

 

そして心電図には、

 

 

急性心筋梗塞っ!!

 

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

心配リプライがきた

 

ribkhan / Pixabay

 

ちょっとしてTwitterを確認してみると、

 

 

 

 

 

と、心配してくださった。。

 

めっちゃ感動!

 

こんな私でも心配してくれる方がいるんですねぇ。

 

(´;ω;`)

 

ネット空間は顔が見えない分、

 

心の繋がりが濃くなるってことを再確認させて頂きました。

 

心配してくださった方々、本当にありがとうございました。

 

ちなみに、

 

 

問診し、問題ないとのことでした。

 

少し安心。

 

そして皆様申し訳ありませんでした。

 

けれど私は愛を感じることが出来ました。

 

まとめ

 

PIRO4D / Pixabay

 

今回は「Twitterには 愛がある」についてお話させていただきました。

 

Twitter上には愛が溢れています。

 

リアルでも心配はされましたが、

 

Twitter上でも同様に心配してくれる方がいるのです。

 

やっぱりネットの出会いは非常に大事。

 

私も困っている人がいれば、

 

寄り添えるようにならないといけないですね。

 

 

 

今回も、最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

いつも感謝、感謝です^^

 

 

それでは、また。

ではでは~。