うつ病×コラム

炊事、洗濯、家事 大変

おはよう、こんにちは、こんばんは。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです(@utsutomo_nanja

 

 

今日は雨で洗濯ものが乾きそうにありません。

 

雨の日って嫌ですねぇ。

 

気持ちもどんよりしてきて。

 

・・・。

 

違う、違う、そうじゃ、そうじゃなぁ~い♬(鈴木雅之)

 

おっと。

 

ここのワンフレーズしかわからないのに歌ってしまいました。

 

すみません。(笑)

 

ちょっと年代がズレてて・・・、

 

って、年代じゃなくて話の内容がズレてる~!!

 

はい、またまたすみません(笑)

 

話を元に戻します。

 

「炊事・洗濯・家事」

 

の、話をしようと思ってたのですよ。

 

「炊事・洗濯・家事」って誰がやってますか?

 

奥さんですか?

 

旦那さんですか?

 

子供ですか?

 

そもそもやったことありますか??

 

「炊事・洗濯・家事」ってめちゃくちゃ大変なんですよ。

 

そんな「炊事・洗濯・家事」について話してみたいと思います。

 

いつも任せっきりのアナタ!!

 

ほんと、大変なんですよ。

 

他人に任せっきりのアナタは是非やってみてください。

 

そして普段されている方は、上手く一緒にやってもらいましょう。

 

時短も出来れば、最高です。

 

私の話も交えながら、話してみたいと思います。

 

それでは、いってみましょう。

 

子供が出来るまでしたことがなかった

 

geralt / Pixabay

 

 

私は結婚するまで、

 

一度も家事という家事をしたことがありませんでした。

 

実家にいたということもあり、

 

何もする必要がなかったのです。

 

というか、しなかったが正解ですね。

 

しようと思ったら出来たのですから。

 

結婚して、子供が生まれ、家を借り、

 

というところで、

 

初めて家事をしました。

 

子供が生まれ、嫁さんは子供につきっきり、

 

地元を離れ、知らない土地での生活もあり、

 

大変だろうと思い、少しずつではありますが、

 

家事を始めました。

 

朝は洗濯、朝食を作ると同時に自分の弁当。

 

基本、仕事で帰りは遅かったので、

 

帰ってからは何もしていませんでした。

 

子供が小さい頃は、

 

おむつを替え、ミルクをやり、寝かしつける。

 

案外頑張っていたんじゃないかと思います。

 

その頃は、若かったし、子供も生まれて

 

全てが楽しくてあんまりしんどさも感じていませんでした。

 

慣れてくると何もしなくなった

 

ArtisticOperations / Pixabay

 

 

月日が経つにつれ、

 

家事は嫁さん任せになりました。

 

何なんでしょうねぇ。

 

勝手にそれが当たり前になってきたというか。

 

自分の父親が何もしなかったので、

 

それの影響もあるかもしれません。

 

父親は働らいて、お金を持って帰る

 

っていう、概念が心のどこかにあったんでしょうね。

 

今じゃ、石器時代の考え方ですが・・・(笑)

 

ごはんは食べるだけ、

 

服は着るだけ、

 

子供とは遊ぶだけ。

 

典型的なグータラ親父と化してました。

 

嫁さんが体調を崩して家事をやると

 

simisi1 / Pixabay

 

 

たまーに、嫁さんが体調を崩します。

 

流石にその時は家事しましたね。

 

これがですねー、

 

久しぶりにやるとしんどいの何のって。

 

  • 朝起きて洗濯
  • 朝飯+自分の弁当
  • 仕事から帰って洗濯もの取りこみ
  • 晩飯作る
  • 洗い物する
  • 子供風呂入れる
  • そして寝かしつける

 

もー、クタクタです。

 

(´Д`)ハァ…

 

嫁さんはよくやってるなぁと、

 

マジで思いましたね。

 

これが毎日なんですから。

 

仕事に休みはあっても家事に休みはありません。

 

ちょっとずつ家事をするように

 

 

家事の大変さを改めて感じてからは、

 

少しずつですが、

 

手伝うようにしています。

 

手伝うって言い方もあんまりよくないかもですね。

 

協力するようにしています。

 

家事って誰かがって決めるとダメですね。

 

「家の事」と書いて家事と読むように、

 

家の事なんで家族みんなでやればいいんです。

 

・・・。

 

と、今自分に言い聞かせています(笑)

 

まだまだ私もそんなにするわけではないので・・・。

 

でもでも、今日は洗濯と洗い物はしましたよ!(強調)

 

上手く協力してもらおう

 

先ほどの、

 

でもでも、今日は洗濯と洗い物はしましたよ!(強調)

 

で、ちょっとイラっとした方がいるのではないでしょうか。

 

普段から家事をしている方は、

 

そんなん当たり前じゃ!!

 

と、思ったことでしょう。

 

すみません・・・。

 

ただですね、普段やってない人は当たり前じゃないんです。

 

だから、上手く乗せて一緒にやってもらいましょう!

 

ちょっと洗濯物を取り込んでもらったりからでいいんです。

 

軽いところから始めるんです。

 

そして、それが終わったら褒めてあげてください。

 

いやいや、私いつもやってるし!

 

わかってます、わかってますよ・・・。

 

そんな怒らないでくださいよ・・・。

 

まぁ、そんなこんなですが(何が)

 

褒められて嫌な人間っていないんですよ。

 

だから、褒めるとやってよかったなって思うんですね。

 

そうすると次もやろうかなって気持ちにもなるのです。

 

後は、これの繰り返しですね

 

習慣化出来れば、こっちのもんです!!(どっちの)

 

どうせなら時短しよう!

 

giuseppepotenza / Pixabay

 

協力してやっても家事って正直めんどくさいですよね。

 

だったら、ちょっとでも早く終わらせるようにしましょう!

 

なんじゃ的、おすすめ時短グッズ紹介します。

 

これでみじん切りが超早くなります!

 

玉ねぎのみじん切りとかって涙めっちゃ出るじゃないですか?

 

あれがササっと終わるんですよ。

 

もー、最高♬

 

ってことは子供にやってもらえるってわけです。

 

楽しく出来るんで、子供もやってくれるんですよね。

 

自分も楽になるし、子供もお手伝いが出来てかなりいい商品です。

 

 

やっぱ時短といえば、

 

圧力鍋!

 

です。

 

「煮物」とか「カレー」って結構時間掛かるじゃないですか?

 

あれが温めて、ほっといたら出来てるんですよ。

 

ということはですよ、

 

その間、他のことが出来る。

 

んです。

 

何なら寝ちゃってもいいし(笑)

 

軽く時短グッズ紹介しましたが、

 

他にも探せばいっぱいあります。

 

探すだけでも楽しいんですよね。

 

ドンドン時短して、家事を楽にしちゃいましょう!

まとめ

 

kerdkanno / Pixabay

 

今回は「炊事、洗濯、家事 大変」をお送りしました。

 

「炊事・洗濯・家事」

 

の大変さが、少しでもわかって頂けたかと思います。

 

どうせなら楽したいじゃないですか。

 

自分が(笑)

 

なんで、

 

  • 家族みんなで
  • 楽しく
  • 短い時間で

 

家事が出来るようにやっちゃいましょう。

 

そうすれば、(自分)みんな幸せになれます。

 

やったことがないアナタも家事やってみましょう。

 

自分だけが家事してるアナタも上手くやってもらいましょう。

 

 

今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

いつも感謝、感謝です^^

 

 

 

それでは、また。

 

ではでは~。