うつ病×コラム

うつ病を公表したら面白い

おはよう、こんにちは、こんばんは。

唯一無二のうつリーマン なんじゃです(

 

私がうつ病を公表した理由は3つあります。

 

1つは、

 

楽になりたかった

 

ネットで言うことにより、

 

気持ちを落ち着かせたかったのです。

 

1人モヤモヤと考えているだけじゃ、

 

絶対に良くならないと思って。

 

そして公表した理由2つ目。

 

同じ思いをしている方の助けになりたかった

 

自分がうつ病になる前って、

 

うつ病の人の気持ちが全然わかんなかったんです。

 

けど、なってみると、

 

1人抱え込んで苦しんでいる(私の場合)

 

ってのが、わかってきた。

 

それを、公表することにより、

 

仲間がここにいるよ。

 

一緒に頑張ろう。

 

って、励ましたかったんです。

 

最後の3つ目は、詳しく説明したいと思います。

 

うつ病を公表したら面白い

 

Artturi_Mantysaari / Pixabay

 

うつ病を公表したら面白い

 

んじゃないかって思ったんです。

 

ちょっとイカれてますか、私?(笑)

 

ほんとうつ病になってから、

 

自分のマイナスを笑いに変えれないかって、

 

よく考えるようになりました。

 

あわせて読みたい
コンプレックスを武器に変えるおはよう、こんにちは、こんばんは。 唯一無二のうつリーマン なんじゃです。 皆さんはコンプレックスって持ってますか?...

 

どうせだったら、苦い体験も笑い飛ばしたいじゃないですか?

 

マイナスをマイナスで終わらすにはもったいないって思ったんです。

 

先日の

 

 

#はあちゅうイケハヤさん

 

のイベントでこんな会話がありました。

 

って、話です。

 

しゅうへいさん(@shupeiman)

 

は、色々あり借金をしたそうなのですが、

 

それを笑いに変え、注目されたみたいなのです。

 

またこんなことも言ってましたね。

 

って。

 

もうこの時点では、

 

普通に公表していたのですが、

 

なんか勇気をもらいました。

 

面白い話にするのは、やっぱり良かったんだって。

面白くしようとしたら1,2の理由も満たしていた

 

 

面白くしようとしていたら、

 

  • 楽になりたかった
  • 同じ思いをしている方の助けになりたかった

 

ていう2つのことも、

 

同時に満たしていたんですよね。

 

うつ病っていうマイナスイメージが全部プラスに変わったんですよ。

 

凄くないですか?

 

面白くすることで、うつ病もプラスに変わります!

 

まとめ

 

yohoprashant / Pixabay

 

今回は「うつ病を公表したら面白い」という、

 

話をさせて頂きました。

 

以前まではうつ病と言えば、

 

あまり馴染みのなかったものでした。

 

それが今や誰もが知っている病気となっています。

 

あんまりいいことではないのですが。

 

だから、ドンドン公表して面白くしちゃえばいいと思っています。

 

その方が、うつ病の人も、周りの人も楽になりますから。

 

笑いって人と人を接しやすくしてくれる

 

んですよ。

 

どうせなら、仲良くなるきっかけにしちゃえ!

 

くらいで使ってやりましょう。

 

私は面白いうつ病人として生きていきます。

 

一緒に面白うつ病人やりませんか?(笑)

 

 

今回も、最後までご拝読いただきありがとうございました。

いつも感謝、感謝です^^

 

それでは、また。

ではでは~。