うつ病×自分

『レクサプロ錠10mg』 これが私の薬です

おはよう、こんにちは、こんばんわ。

うつリーマンなんじゃです。

うつ病になった時に私が処方された『レクサプロ錠10mg』。

今もまだ飲んでるんですけど。

今回はこの『レクサプロ錠10mg』について話してみようと思います。

抗うつ薬のひとつである

今回処方された『レクサプロ錠10mg』とは、抗うつ薬の一つであるということです。

抗うつ薬と言っても、種類はひとつだけではないらしいです。

その中で一番副作用が少ないということで、今回『レクサプロ錠10mg』を使用することになりました。

レクサプロ錠10mgの効果と注意事項

『レクサプロ錠10mg』の効果を簡単に言うと、

気持ちを楽にして、意欲を高める薬です。

なるほどー。

まさにうつ病の私にピッタリの薬ですね(笑)

『レクサプロ錠10mg』には、注意事項があります。

いわゆる、副作用というやつです。

服用中に眠気、めまいなどが起こることがありますので、車の運転などの危険を伴う作業には注意してください。

とのことです。

まあこれくらいの副作用だったら、普通の風邪薬とかでもあるので、そこまでは気にならない程度ですね。

実際に使用してみての感想

抗うつ薬というだけでちょっと抵抗があったのですが、 使ってみると普通の風邪薬と変わらないので問題はないです

副作用についても、私の場合は全く出ませんでした。

普段から眠気には襲われていたので、気にならなかっただけかもしれませんが(笑)

一番気になる効果についてなのですが、すぐに良くなったわけではなく、じわじわと改善されていく感じです。

処方される時に先生からは聞いていたのですが、『2週間は効果が得られない』ということです。

そして『2週間後から少しずつ効果があらわれる』という風に伺っていました。

まさにその通りでした

最初の2週間は、ほぼほぼ精神的な変わりはなく、ズーンと落ち込んで悲しい状態のままでした。

2週間が経って、じわじわとなのですが、気持ちが明るくなっていくのを実感し始めました。

うつ病になった当初は、何事もやる気がなく 悲しい気持ちでいっぱいだったのが、少しずつ『動いてみよう』『やってみよう』という気持ちになっていきました。

治ってきたら止めてもいいのか?

『レクサプロ錠10mg』による治療で、うつ病が改善されてきた時、薬をやめていいのかと言うと、答えは絶対にNOです。

これは医師からも言われているのですが、急にやめるとまた元に戻ってしまう ということです

風邪などのように、体の調子が良くなると薬をやめてしまいがちですが、うつ病はそこまで簡単ではありません。

風邪などは『病原菌』『ウイルス』が死滅すると元気にはなるのですが、うつ病は『病原菌』『ウイルス』がいるわけではないのです

心の乱れによるものなので、その一瞬がよくてもまた戻ってしまいます。

ですので、勝手な判断による薬の停止は絶対にやめましょう

実際に、薬を飲んでいる間は何も問題がなかった人が、薬をやめてしまった為に、元に戻ってしまったということを私は見聞きしています

私自身、良くなってきたとは実感しているので、本当は辞めたいところなのですが、そういうのを見ている為、自分の勝手な判断では 薬をやめないように思っています。

まとめ

今回は『レクサプロ錠10mg』についてお話しさせていただきました。

『レクサプロ錠10mg』どのような薬か少しでも分かっていただけたかと思います。

抗うつ薬ということで、抵抗があるかとは思いますが、早くうつ病を良くするためには休養だけではなく、抗うつ薬による治療も必要です。

その方が早くうつ状態も改善されます

私も含め、皆様が早く改善されることを願っています。

それでは、また。

ではでは~。