うつ病×コラム

うつ病になるとすぐに広まる。人間関係が変わる。が、そんなことは気にするな。

おはよう、こんにちは、こんばんは。

なんじゃです。

うつ病になると自分から言ってないのに周りに広まっていたりします。

しかーし!

気にする必要はナッシンッ!!

広まったって全然問題ないんです。

自分の経験をもとにお話ししたいと思います。

久しぶりに会った友人

StockSnap / Pixabay

先日1年半ぶりに愛媛に帰ってくるという人とご飯に行ってきました。

私の方からはうつ病になったことは言ってありませんでした。

しかし、うつ病になったことを知っていたのです。

県外にいて連絡なんて全然取ってなかったのにですよ?

ちょっとビックリしましたね。

まぁうつ病ってことを知ってても前と変わらず接してくれたのはありがたかったですね。

軽く泣きそうになってしまったのは内緒です。^^

会社の同僚

Free-Photos / Pixabay

中には、>距離を置いてくる人もいます。

別にその方がどうだというわけではないのですが、やっぱり気にする人は気にします。

まぁわからなくもないんですけどね。

実際、自分自身明らかに顔つき具合が違ってた時もあり、近寄りがたかったと思います。

ってか、かなり落ちていたので話しかけないでくれというオーラを出していました。^^

話すことさえほんっとに嫌になるんですよ。

人が嫌になるんですね。

だからどうなろうがあまり気にしないことが大事です。

うつ病になったことを全然知らない人達

rawpixel / Pixabay

うつ病になったことを知らない人達は、なる前と変わらず接してくれます。

まぁ知らないから当然っちゃ当然なんですけど。

だから、自分からうつ病になったとは言いません。

言ったら距離を置かれるかもしれませんので。

心から信頼を置ける人なら言ってもいいかもしれないです。

わからない時はあまり言わない方がいい気がします。

まとめ

geralt / Pixabay

3パターンで紹介しましたが、普通に接してくれる人はそのままでいいと思います。

敢えてこちらからは無理にアクションをしないのがベストですね。

距離を置かれた場合・・・。

こちらも距離を置いちゃいましょう。

それまでの関係だったということです。

あまり深く考えすぎるとうつ症状が悪化してしまいます。

気にしないことが1番です。

私は気にしないことにしました。

そうすると1つの悩みが消え、気分もスッキリです。

うつ病になってもまだまだ出会いはあります。

そこからの出会いを大事にしていけばいいんです。

うつ病になったことも含めて付き合ってくれる方こそ本当に大事にしないといけない人です。

そういう人だけ大事にしていきましょう。

それでは、また。

ではでは~。