うつ病×自分

なぜ、うつ病になったか

おはよう、こんにちは、こんばんは。

なんじゃです。

 

このブログを書く原因になったうつ病。
なぜ私はうつ病になったか紹介したいと思います。

 

仕事

就業時間の長さ

Free-Photos / Pixabay

今の会社が3社目の会社となるのですが、
労働時間が非常に長いというのがかなりネックになっていました。
一時は過労死ラインを突破するどころじゃない騒ぎの就業時間を記録しています。
数字の方はとりあえず控えさせて頂きますが、ちょっと引いてしまうくらいです。(そのうち出すかもしれません)

まだまだ甘いわっ

って、方もいらっしゃるとは思いますが・・・。

朝から晩まで働いて、家帰ったら、飯食って、風呂入って、寝るだけの生活がほとんどでした。

一応週休二日とはなっているのですが、だいたい土曜日は普通に出勤です。

週にどれだけ働いているかなんとなくは想像して頂けたかと思います。

上司、部下からのプレッシャー

geralt / Pixabay

下っ端の方の中間管理職を任されており、上からも下からも詰められていました。
上からは「もっと効率を上げろ!」「なんでできないんだ!」と怒鳴られ、
下からは「無理です」「どうにかしてください」と言われていました。
完全に板挟み状態ってやつですね・・・。

両方の気持はわかるのですが、会社の方針が「取れる仕事は全部取れ」みたいな感じだったので、
いつも現場はキャパオーバーの状態で無理やり回していました。

そりゃあ下からの不満が爆発しますよね。
当たり前です。

その不満の吐き口が私となっていました。

自分のキャパオーバー

上に書いてある通り、物量は多いは、責められまくるわで、自分の仕事がほぼ全く出来ていませんでした。
お客様あっての商売なので、まずは納期に間に合わせるように製品を作り込まないと話になりません。
しかし、それをしているとキャパ以上の物量なので、自分の仕事は後回しになり、
全然手が付けられない状態となっていきました。

コミュ障

geralt / Pixabay

基本コミュ障の私は、仕事を一緒にする仲間にも本音で語れていませんでした。
一部の同じ方向を向いている人とは頑張って取り組めていたのですが、
他の同僚を同じ方向に向けることが難しくなかなかうまくいきませんでした。

ほんとに苦しい状況でもなかなか打ち明けることが出来ずに、
自分の中に抱え込んでため込んでいました。

積み重なった結果 うつ病発症

RyanMcGuire / Pixabay

年末年始休みの後に出勤しようと思ったら、もう駄目になってました。
出勤するのが嫌で嫌で仕方ないのです。
体が鉛のように重くなって、動きも遅くなっています。
何を考え、何をしゃべっているのかもわからなくなり、軽いパニックです。

数カ月前から軽くこういった症状は出ていたのですが、
ひどくなってきたので精神科を受診することに。

採血や、アンケート等を行った後、問診へ。

今はどういった状態でしょうか
軽度のうつ病の症状が見られますね

やっぱりね・・・。

軽度ということでとりあえずは若干安心しました。

 

まとめ

mohamed_hassan / Pixabay

 

ここからが私のうつ病の治療の始まりです。

うつ病の発症については色々な発症の仕方があるかと思いますが、

1例として紹介させて頂きました。

参考にして頂き、うつ病が発症しないように役立てて頂ければと思います。

それでは、また。
なんじゃでした。